> >

社長挨拶

セキノ興産代表からのメッセージ


ご挨拶

セキノ興産 代表取締役社長 関野 光俊

共存共栄を奏でるために。


人間と同じように、企業にも個性があります。個性のある人は注目されます。
他人にはない輝きが人を魅きつけ、類稀な能力は重宝されます。企業もしかりではないでしょうか。

私たちの属する業界は競争の激しい世界です。
そのなかでお客様に支持される企業であり続けるためには、自社ならではのオリジナリティ=個性が必要になります。手前味噌ですが、私たちには成形加工技術や施工管理のノウハウがあります。
これは付加価値の部分です。モノを右から左へ流すだけの仕事ではお客様の要望を満たすことはできません。また、そこには企業の存在意義も見いだせないと考えます。

SEKINOが創業から70年の歴史を刻んでこれたのは、
そうした自社特有の付加価値=オリジナリティを追求してきたからでしょう。

また、お客様第一主義を貫いてきた点も企業成長の大きな要因です。たとえば取引先の規模を問わず、誠心誠意のお付き合いをさせていただくこと。あるいはお客様の声に耳を傾け、些細なニーズに対しても持てる力を惜しみなく発揮すること。こうした活動は私たちの揺るがぬ基本姿勢です。
自らの利益だけを追いかけて取引先と遊離したり、お客様の理解を得られないような独断専行に陥る愚は慎んできたつもりです。肝心要はお客様との共存共栄。それがひいては、私たちの存在意義を高めることにもつながるはずです。

こうした企業活動を通じてSEKINOがめざしているのは、規模ではなく中身の充実です。

規模や業績の大きい組織が必ずしも良い企業だとは思いません。社員ひとりひとりの個性を十分認識し、尊重するとともに、企業全体にゆとりやあたたかさを感じる組織でありたいと思います。
企業は社員の生活を豊かにする器でなければなりません。
人が生き生きと活動し、互いに協力しあえる環境をつくることが私の役目だと考えています。

ページのトップへ