頑強な構造で、大型屋根に最適SV-1型

製品図

本体形状

特長

優れた経済性

  • 母屋間隔を大きくとれる経済的な屋根構造です。

美しい外観

  • ボルトが屋根面に出ない、美しい屋根に仕上がります。

屋根30分耐火構造認定

板厚0.8~1.0mm

  • FP030RF-0290(高充填フォームプラスチック4mm)

板厚0.6~1.0mm

  • FP030RF-0894(ガラス繊維系無機質断熱材5mm)

設計参考仕様

使用原板厚 0.8~1.2㎜ 屋根勾配 3/100以上可能
使用原板巾 610mm 自然曲げ半径 250m以上
働き巾 333mm 断熱材 オプション
m当り必要m数 3.0m

※納期・仕様・耐火認定等については最寄りの営業店までお問合せください。
※屋根風圧力をご確認の上、適切な板厚の選択と安全な施工をお願い致します。

断面性能(参考)

※1kN≒1000/9.8kgf

板厚 単位重量 断面2次モーメント 断面係数
mm kg/m2 Ix(cm4/m) Zx(cm3/m)
正圧 負圧 正圧 負圧
0.8 11.86 727.0 389.8 71.8 38.5
1.0 14.75 1031.4 564.7 101.8 55.7
1.2 17.63 1191.8 696.8 117.7 68.8

※性能値はJISA6514 の耐力性能試験結果より算出したものです。
※片持梁の許容スパン長さは、断面性能値の25%にて計算しています。

許容スパン(参考)

※積雪荷重・風圧荷重など立地条件により異なりますので、正確な値は別途お問合せの上、十分ご考慮ください。

■正圧スパン図1

■負圧スパン図002

附属部材

SV-1型の附属部品

附属部材


ページのトップへ