> > >

フェノバ耐火断熱ウォール

高断熱工法


高断熱壁耐火構造認定工法フェノバ耐火断熱ウォール耐火60分認定のスパンドレルを使用した外壁工法

フェノバ耐火断熱ウォール

特長

優れた断熱性能

  • ダントツの断熱性能で環境に優しいノンフロンです。

構造設計の自由度

  • 間柱・胴縁の耐火被覆が不要で、胴縁ピッチが最大910㎜です。

内装のあらわし仕上げ

  • 内装側が石膏ボードのため、低コストな仕上げも可能です。

耐火構造認定

壁60分耐火構造認定

  • FP060NE-0154

構成図

 構成図

部材 設計参考仕様

部材名称 断熱材フェノバボード 硬質木毛セメント板(JIS A 5404) 石膏ボード(JIS A 6901)
熱伝導率 0.019W/m・K 0.11W/m・K 0.16W/m・K
熱抵抗 1.05 m2・K/W 0.18 m2・K/W 0.08 m2・K/W
熱貫流率 0.68 W/m2・K
備考 ・上記数値は測定値であり、保証値ではありません。

・熱貫流の値については空気の熱伝達抵抗を考慮しています。

・金属外装材は上記には含んでおりませんので、上記数値を参考に算出してください。

部材名称 断熱材フェノバボード 硬質木毛セメント板(JIS A 5404) 石膏ボード(JIS A 6901)
部材厚み 20㎜ 20㎜ 12.5㎜
製品寸法 910㎜×1820㎜ 910㎜×1820㎜ 910㎜×1820㎜
部材重量 0.8 kg/m2 20.0 kg/m2 7.5~11.3 kg/m2
組合せ重量 28.3~32.1 kg/m2
備考 ・上記数値は構造認定書記載重量からの算出の理論値であり、保証値ではありません。

・重ね貼り施工による施工時の耐火目地テープ及び留付材の重量は含んでいません。

・金属外装材は上記には含んでおりませんので、上記数値を参考に算出してください。

認定構造の概要

認定構造の概要

※③断熱材と④⑤の複合板は目地違い施工となります。
※横張は耐火認定対象外となりますのでご注意ください。
※上記構成部材の詳細等については最寄りの営業店までお問い合わせください。

フェノバ耐火断熱ウォール 適合金属外装材【縦張工法 指定】

適合金属外装材


ページのトップへ